廃車手続(軽自動車)

永久抹消登録

普通自動車と軽自動車では、廃車手続きに若干の違いがあります。車を解体するまでは基本的に普通自動車と同じですが、その後の手続きが普通自動車であれば陸運支局に届出をするところ、軽自動車の場合だと軽自動車検査教会への届出となります。

軽自動車協会での手続きの流れは、まずはじめに窓口にて「第4号様式の3」を購入し必要事項を記入します。この時、車の引取業者から受けた「解体記録日」と「移動報告番号」も記入します。それを終えたら永久抹消登録をする車のナンバープレート二枚を窓口へと返却し、軽自動車税申告書を受け取ります。軽自動車税申告書の必要事項を記入し、窓口へと提出します。以上で終わりです。

永久抹消登録の必要書類

必要書類 説明
自動車検査証 通常「車検証」と呼ばれるものです。
リサイクル券 自動車リサイクル料金を納めた証拠の券。廃車にするときに収めていない場合は払う必要があります。
ナンバープレート 永久抹消登録をする車のナンバープレートです。前後で計二枚のナンバープレートが必要となります。
印鑑証明書 永久抹消登録を行う車の所有者のものが必要となります。現在登録してある印鑑証明の住所と自動車検査証に記載されている住所が異なる場合は、住民票、除票、または戸籍の附表などでその関連を提示する必要があります。なお、印鑑証明書の有効期限は発行より三ヶ月です。
自動車税申告書 陸運支局内において取得することができます。
永久抹消登録申請書 第3号様式の3のOCRシートへの記入が必要となります。書類は陸運支局にて取得することができます。

手数料納付書と印紙 登録手数料の登録印紙を貼りつけて提出します。運輸局賛助会や運輸支局付近の代書屋さんなどで購入する事ができます。

なお、住所や名義などの変更がない場合は、永久抹消登録申請書の登録印紙は不要となります。

振込み先情報 振込先の情報として「銀行名、支店名、口座番号」を明記します。還付が不要な場合などは、この欄は未記入として提出します。

普通自動車の廃車(永久抹消登録)はコチラ



 

一時抹消登録

軽自動車の一時抹消登録も陸運支局ではなく軽自動車検査協会にて手続きを行います。

軽自動車協会での手続きの流れは、まずはじめに窓口にて「軽4号様式」を購入します。そして必要事項を記入し終えたら、持参したナンバープレート二枚を窓口へと返却します。その際、軽自動車税申告書が配布されるので、必要事項を記入し、最後に必要書類を窓口へと提出して完了となります。この際、手数料350円を支払います。

一時抹消登録の必要書類

必要書類 説明
自動車検査証 通常「車検証」と呼ばれるものです。
ナンバープレート 一時抹消登録をする車のナンバープレートです。前後で計二枚のナンバープレートが必要となります。
印鑑証明書 一時抹消登録をする車の所有者のものが必要となります。
一時抹消登録申請書 第3号様式の2のOCRシートへの記入が必要となります。書類は陸運支局にて取得することができます。

手数料納付書と印紙 登録手数料の登録印紙を貼りつけて提出します。
運輸局賛助会や運輸支局付近の代書屋さんなどで購入する事ができます。
振込み先情報 振込先の情報として「銀行名、支店名、口座番号」を明記します。還付が不要な場合などは、この欄は未記入として提出します。

普通自動車の廃車(一時抹消登録)はコチラ